~電気をつくって地球を守れ!~

発電ゲームでエネルギーを学ぼう

みなさんが普段使っている電気、どうやって使われているか知っていますか? ハーバード大学でエネルギーを学んでいる大学生とともに、発電について学んでみましょう。参加者のみなさんには発電会社になりきっていただき、ゲームへの参加を通してより良い発電方法を探究いただきます。

globalelectricitysebestyen-balintsstock_

髙島 崚輔

clock.png

55分 /1回

calendar.png

1回完結

birthday.png

10-12歳 対象

​6名 定員

1名あたり

¥1,000 (税込)

 

開催日時

​6月8日 (火)

​一回完結

残り3枠

午後6時00分 から

午後6時55分 まで

​6月9日 (水)

残り3枠

午後6時00分 から

午後6時55分 まで

​一回完結

​予定が合わないときは?

クラスの対象

小学4-6年生を対象としています。

理科が好きな方に特におすすめですが、事前知識は不要ですのでどなたでも参加可能です。

クラスの詳細

普段使う電気、どんな風につくられているか考えたことはありますか?みなさんが生活していく中で必要不可欠な電気。その電気をつくることで、いまたくさんの二酸化炭素が生まれています。 このクラスでは、ゲームを通じてみなさんに発電会社になりきっていただきます。ゲームが終わるまでに、環境にやさしく、より安い電気をつくれるのは誰でしょうか…? みなさんのご参加をお待ちしています!!

Image by Zbynek Burival
Image by Fré Sonneveld
Image by Karsten Würth
用意するもの

・鉛筆

予約確定メールに添付したワークシートを印刷したもの

 

クラスはZoomを通じて行います。

 
​講師プロフィール

髙島 崚輔

ハーバード大学生

​★★★★★

大阪で生まれ育ち、大学からアメリカに渡りました。ハーバードではエネルギー工学と公共政策を学び、日本のエネルギーをテーマに研究しています。 小学生から大学生の様々な年代に向けてこれまで授業してきました。今回も参加してくれるみなさんと一緒にエネルギーについて学べることを楽しみにしています!

 
レビュー (0)

​★★★★★

受講までの流れ
Mined