兵法で学ぶ生きるチカラ

ビル・ゲイツや孫正義など、多くの成功者が『孫子の兵法』を愛読しているのはなぜか?それは、競争に打ち勝つ戦略や、厳しい環境でも生き抜く知恵が、兵法にあるからです。
子どもたちは、もう競争にさらされています。子どもを取り巻く環境も楽ではありません。今も色褪せない知恵である、兵法を身につけて、厳しい競争を乗り越えて、輝く未来に走り出そう!

~勝てる学びは兵法にあり~

clock.png

55分 /1回

calendar.png

1回完結

birthday.png

10-12歳 対象

​5名 定員

1名あたり

¥1,000 (税込)

 

開催日時

​5月1日 (土)

​一回完結

午前9時00分 から

午前9時55分 まで

受付終了

​5月2日 (日)

​一回完結

受付終了

午前9時00分 から

午前9時55分 まで

​5月4日 (火)

​一回完結

午前9時00分 から

午前9時55分 まで

受付終了

​予定が合わないときは?

クラスの対象

小学4年生ー小学6年生を対象にしています。

歴史が好きな子、ものごとを考えるのが好きな人にオススメです。

クラスの詳細

有名な『孫子』だけでなく、かつては『孫子』よりも読まれ「六韜三略」と並び称された、『六韜』『三略』をも使用します。
『孫子』よりもレベルの高い兵法書をも駆使して、学ぶ技術と生きるチカラを身につけましょう!1レッスンにつき、2~3のテーマを取り扱います。
単に耳から聞くだけでなく、子どもたちが実際の場面で応用できる能力を身につけるために、以下のように進めていきます。

 

①「実を避けて虚を撃つ」といった兵法を紹介して、声に出して読んでもらって、解説を加えます。

②歴史上の事件などをもとに、誰がどんな場面で兵法を使ったのかを教えます
(例:薩英戦争)問い:薩摩藩は、江戸時代末期にイギリスに攻め込まれようとしました。以下のような状況となったが、どうしようか?戦いますか?戦いませんか?

③今回の兵法を、子どもたちの生活などに活かすにはどのようにすればいいのか、この兵法をいつ利用しようと思ったのか、といった子どもたちの意見を発表したり、議論したりしてもらいます。授業ではできるだけ子供たちが自分で考えられる時間を作っています。

友達関係や学習などで、輝くための生きるチカラを身につけましょう!

img_g055.jpg
用意するもの

・筆記用具

予約時の確定メールに添付されたワークシートを印刷したもの

クラスはZoomを通じて行います。

 
​講師プロフィール

古川 順大

OneStep代表

​★★★★★

福岡市史編纂室・九州国立博物館・九州歴史資料館に務め、久留米工業高等専門学校日本史講師を経て、現在は大手予備校で日本史を教えている。
自身の子育てを通して、新たな学びの場について考え続け、オンラインスクールOneStepを立ち上げる。
独特の文体とノリでみんなを和ませるが、実は予備校の東大合格者数を倍増させたスーパー日本史講師

 
レビュー (3)

​★★★★★

息子は、とても楽しかったと言っておりました。
いろいろな知識が楽しく学べる機会にめぐまれてよかったです

横で母親の私も歴史の授業を楽しませていただきました。
妹も楽しそう!と興味津々でした。

先生の授業はとても興味深く、苦手意識があった歴史の授業が楽しかったなんて自分でも信じられません。

受講までの流れ
Mined