~ウンチで学ぶ生き物の進化~

はじめてウンチをしたのは誰だ!

ウンチを見れば、いろいろわかる!生き物のウンチを通して、生き物のからだのつくりとその進化について考えてみましょう。生き物にちょっとでも興味がある方におすすめです。あまり良く思われないことが多いウンチですが、生き物について多くのことを教えてくれます。

保呂 有珠暉 (ほろ うずき)

clock.png

55分 /1回

calendar.png

1回完結

birthday.png

小3-小5 対象

​6名 定員

1名あたり

¥1,000 (税込)

 

開催日時

​7月19日 (月)

午後7時00分 から

午後7時55分 まで

​一回完結

受付終了

​7月24日 (土)

 

​満員

午前9時00分 から

午前9時55分 まで

​一回完結

受付終了

​7月28日 (水)

午後6時00分 から

午後6時55分 まで

​一回完結

​予定が合わないときは?

クラスの対象

小学3-5年生を対象としています。

生き物、うんちが好き、面白いと思うお子様におすすめです。

クラスの詳細

みんなからいつも汚いといやがられるウンチから、色々な生き物のからだや進化について、楽しく考えてみよう


ウンチについてのミニクイズや生き物のからだのお絵描きを通じて、生き物の進化について考えます。授業の最後には「地球上で誰がはじめてウンチをしたのか」考えてもらいます。みんなは普段うんちについてまじめにお話をすることがないと思いますが、うんちでもしっかりと調べるといろいろなことがわかります。

このクラスでは以下の内容を学びます。
・ウンチと生き物の体との関係
・生き物の進化の基本的な考え
・理科の基礎的な論理力と推測力

うんちという身近でおもしろい切り口から、新型コロナウイルスと密接に関係しており、その重要性が注目されている、生物学や医学への入門となるクラスです。授業を通じて練習する論理や推測の力は、理科系分野全般の基礎にも繋がります。
みんなの受講をお待ちしています。

用意するもの

・事前に配布する資料を印刷したものと、筆記用具が必要です
・授業はPCかタブレットで受けていただきます。

クラスはZoomを通じて行います。

 
​講師プロフィール

保呂 有珠暉 (ほろ うずき)

マサチューセッツ工科大学 コンピューターサイエンス、生物学部

​★★★★★

小さなころから生き物の図鑑を読むのが好きでした。高校時代は生物オリンピックに参加したり、研究機関で「生き物の右と左がどう決まるか」の研究をしたりしていました。大学ではコンピュータサイエンスなどを使って、生き物の進化の謎に挑もうとしています。

技術の進歩によって、僕が子供のころには無かった学びの方法がたくさん生まれています。自分の好きなことをどんどん見つけて、深めて下さい!
そのお手伝いが少しでも出来ると嬉しいです。。

 
レビュー (2)

​★★★★★

娘は楽しかったと言ってました。ありがとうございました

うんち大好きな小学生男子ですが、科学的、生物学的視点からうんちに関して学ぶという機会はあまりなく、とても貴重でした。授業の後に自分でにわとりのうんちに関して調べていました。ありがとうございました。

受講までの流れ
Mined