90f9-article-210304-rsa-body-text.png

暗号を作ってやりとりしよう!

紐解いてみれば、古くは紀元前 3000 年頃のバビロニアの時代から暗号は使われていたとされています。このクラスでは、暗号の歴史を学びつつ、暗号の作り方を学びます。そして一番の問題となる「暗号の解読の仕方」がバレないようなやりとりの仕方を勉強し、実際に先生や友達とやりとりしてもらいます!

~お母さんや先生にバレない?~

clock.png

50分 /1回

calendar.png

1回完結

birthday.png

小4-小6 対象

​5名 定員

1名あたり

¥1,000 (税込)

 

開催日時

​7月1日 (木)

​一回完結

午後5時00分 から

午後5時50分 まで

​7月3日 (土)

​一回完結

午前10時00分 から

午前10時50分 まで

​7月6日 (火)

​一回完結

午後5時00分 から

午後5時50分 まで

​7月8日 (木)

​一回完結

午後5時00分 から

午後5時50分 まで

​予定が合わないときは?

クラスの対象

小学4年生ー小学6年生を対象にしています。

パソコンに興味がある人、授業中に紙を回して友達と連絡したことがある人にオススメです!​簡単なかけざん、わりざん(x2, ÷2など)を知っている必要があります。

クラスの詳細

情報セキュリティとして広く一般的に使われている「暗号」およびその技術はインターネットの普及に伴って 重要性がますます高まっています。

暗号の歴史は、暗号開発者と暗号解読者の「知恵くらべ」の歴史です。

新しい暗号の仕組みが誕生するたびに、その暗号の仕組みを解読しようとする試みが行われ、そして再び新しい暗号の仕組みが作られることを繰り返して現在に至ります。

このクラスでは

・暗号の歴史

・暗号の作り方

・カギの受け渡し問題

​を学び、実際にバレないような暗号を作って、先生や友達と文字や数字を伝達してもらいます!

Picture2.png
jewel-800x533.png
90f9-article-210304-rsa-body-text.png
用意するもの

・予約確定メールに添付したワークシートを印刷したもの

・筆記用具

・電卓 もしくは 電卓機能のあるスマートフォンなど(Zoomに使用する端末とは別の端末をご用意ください)

クラスはZoomを通じて行います。

 
​講師プロフィール

足立 将彦

東京大学

教養学部総合教育科学科

​★★★★★

世の中にはたくさんの不思議があります。しかしそれらは偶然起きるのではなく、きちんとした理由や原因があるのです。クラスの中で、いろんなことの「ナゼ」を一緒に考えていきましょう!きっと新しいモノの見方ができるようになりますよ。
 

 
レビュー (2)

​★★★★★

​息子が日記を暗号で書くようになりました笑、とても楽しそうなので親としてもうれしいです。

私たちも知らなかったような、通信の仕組みについて知ることが出来ました。娘も興味津々で、今では自分から調べています。

受講までの流れ
Mined